キャンプで使うハンモックの選び方を知ろう!

ハンモック,キャンプ

ハンモックといえばやっぱりキャンプだよね!

 

最近でこそ屋内用のハンモックも売られているけれど、ハンモックはアウトドアで使う人のほうが多いのでは?

 

いろんな種類があるので選ぶが難しいと思うけれど、「選び方」をマスターすれば、より自分に合ったハンモックを見つけることができるよ。

 

まず、知っておきたいのは「種類」。ブラジリアン・メキシカン・コロンビアなどいろんなハンモックがあるよ。

 

ブラジリアンはフリンジが付いたデザインが多く、適度な暖かさがあるので春秋にオススメ。

 

メキシカンは細かな編み目が特徴で、通気性が良いので夏のアウトドアに最適だよ。

 

コロンビアは、太さの異なる糸で織られた布を使用し、コットンなので通気性が良いのが特徴かな。

 

ちなみにアメリカンは大きな網目のネットが特徴で、耐久性に優れ雨に強いのがメリットだね。

 

次にサイズ・タイプ・素材・自立式か否かなどで選んでいこう。キャンプなら木に吊るすことができるけれど、場所を選ぶのでどこでも使いたい人には自立式がオススメだね!

耐荷重量330kgの自立式ハンモックを売っている店AJIA

アジアン雑貨専門店AJIA

AJIAのゆらふわモックは自立式ハンモックなのでどこでも安心して使うことができるよ。しかも、耐荷重量は330kgと、大人が数名乗っても倒れる心配がない優れもの。

もともと日本にはハンモック文化がないので、ホームセンターなどで売っているものは耐荷重量に制限があって、330kgというのはほとんどないよね。

でもAJIAのゆらふわモックなら、330kgまでOK!頑丈なのでちょっとやそっとでは崩れません。とにかく頑丈が売りのハンモックだよ。

また組み立て簡単なので、家だけでなく外に持ち運びできるのも嬉しいよね。カラーバリエーションも豊富だから好みに合わせて自分好みのハンモックを組み立てられるよ!

ちなみに組み立て方法は、
  1. ハンモックを開き、ストッパーを立てる
  2. 左右両方のストッパーを支える
  3. 左右のバーをそれぞれ広げ幅を取る
  4. フックにネットを引っかける
  5. .反対側も同様にネットを引っかける
  6. 微調整をして完成!